白神クラブ

筑波大大学院世界遺産専攻2年外崎が運営しています。

世界遺産専攻 公開講座

みなさま こんにちは。佐伯です。

 

718日(土)、世界遺産専攻の公開講座で、「世界遺産と地域コミュニティー: 自然保護の視点から」というお話をさせていただきました。

http://nc.heritage.tsukuba.ac.jp/joceplubb-303/#_303

 

世界遺産保全の現場では、今、地域の人々の役割が重要視されています。わたしの発表では、自然遺産と地域コミュニティーの関係について、白神山地を含む日本の事例を中心に、お話しました。

 

当日、暑い中お越しくださり、熱心に耳を傾けてくださったみなさま、どうもありがとうございました。まだ議論がはじまったばかりのトピックですが、これからも、理解を深めていけたらと思っています。

 

〇当日の様子 (写真は、専攻事務の中仙道さんからいただきました。)

f:id:shirakami-club:20150729120554j:plain

 

 

一緒に模擬授業をしてくださった八木先生(右)です。世界遺産としての龍門石窟」というタイトルでのお話でした。質疑応答では、世界遺産と地域との関わりは、文化遺産の保存でも重要な視点とのコメントをいただきました。八木先生のスライドでは、本当に美しい仏像の写真が続き、専門外の私でも思わず見とれてしまうほどでした。

f:id:shirakami-club:20150729120614j:plain

 

 

講座で紹介した外崎さんの論文です。白神の自然と文化、これからも学んでゆきたいですね。

 

http://nc.heritage.tsukuba.ac.jp/master/download1/?action=cabinet_action_main_download&block_id=706&room_id=16&cabinet_id=3&file_id=65&upload_id=935