白神クラブ

筑波大大学院世界遺産専攻2年外崎が運営しています。

白神クラブ 第2回ツアー報告

 

2016年4月初め、今回も西目屋村にお邪魔しました。

今回レクチャーとガイドをお願いしたのは白神マタギ舎さん。現役最後のマタギの工藤光治さんが代表を務めていらっしゃいます。

マタギ舎の皆さん、気さくでユーモアのある方で、面白く興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。その中で少しですが、ツアーの様子を紹介いたします。

 

1日目は工藤光治さんの自宅にうかがって、クマの毛皮の敷物の上で(!)、工藤さんのお話を聞きました。

マタギの1年は、猟、山菜採り、キノコ採りなどで回っていく。年中猟をしているわけではないそう。

それに、猟はとても難しく、いつでも”授かる”(獲物を獲るとは言わない)ことができるわけではないとおっしゃっていました。

山菜でもキノコでも、マタギは決して全部を取ることなく、三分の一程度しか採らないのだそうです。

動物であれ、山菜、キノコであれ、時期がよいとき(毛皮がふさふさの時、美味しい時、など)にしか採らず、その時期が終わったらすぐにとるのをやめてしまう。

クマを授かった時も分け前は、経験が違おうが、年齢が違おうが、みんな同じ。猟の分担なども皆同じで、これはアイヌの思想だとのこと。

規律を守り、山の神を大事にし、山の神が見ているからと自分を律して暮らしてきたのがマタギだとのこと。

 

f:id:shirakami-club:20160411205658j:plain

 

2日目のトレッキングはあいにくの雨模様でしたが、工藤茂樹さんと小池幸雄さんの案内で山に入りました。

人数が12人だったため、12人の子供のいる山の神さまを怒らせないため、お人形を作り、13人いると示します。

輪かんじきも見せていただきました。
全部手作りです。

ブナは3年ごとに実をつけ、7年ごとに豊作の年が来るそうですが、近年は気候変動の影響があって、不作の年が続いていたそうです。2・3年前に豊作の年があったので、豊作の年まで時間が掛かるようになってしまっているとのことでした。

動物の痕跡として見つけられたのは、

ニホンザルの食痕

ニホンカモシカの足跡

f:id:shirakami-club:20160411205757j:plain

ニホンザルのフン

ノウサギのフン

・テンのフン

ニホンカモシカの食痕 ・・・などなど、雪の中でもたくさんの動物たちの生業がうかがえました。

下山中にはスキーウエアなので、雪の斜面を滑り降りたりしました。

 

f:id:shirakami-club:20160411205715j:plain

 

ほとんどの参加者が初めての参加だったこともあり、白神山地と西目屋、そしてマタギについて学び、それぞれが有意義な時間を過ごせたようで良かったと思います。白神山地では世界遺産になる前のようにマタギの方がたが自由に山に入ることができません。やはり山に自由に入れないことが、私たちが山との関係性を築くことを阻んでいると私は感じました。世界遺産になったことでそれまで受け継がれていた、それこそ縄文時代からの山との関係性が失われそうになっていることに悲哀を覚えます。現代社会のなかではマタギという生業はいずれ失われてしまうものなのかもしれませんが、世界遺産という制度がそれを早めてしまったように感じられて、複雑な思いに至ります。

自然保護とは本来どうあるべきかを考えさせられました。現代社会では、自然との関係性を作ることも保つことも難しい中、私たちが挑戦し続けなければならない師匠の姿がそこにありました。